所得税2 還付申告| さいたま市緑区の税理士・会計事務所なら

近藤要税理士事務所

所得税2 還付申告

   

 こんにちは。 さいたま市の税理士、近藤要です。

 今回は、所得税の還付申告について書きます。

 サラリーマンの方は通常、年末調整で税金の処理は終了
します。確定申告はしていないでしょう。
 確定申告書を提出する義務のない人でも、給与等から源
泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の
所得金額について計算した所得税額より多いときは、確定
申告をすることによって、納めすぎた所得税の還付を受ける
ことができます。この申告を還付申告といいます。
 還付申告書は、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年
1月1日から5年間提出することができます。
 サラリーマン(給与所得者)は、次のような場合には、還付
申告することができます。

(1)年の中途で退職し、年末調整を受けずに源泉徴収税額が
  納め過ぎとなっているとき。

(2)一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローン
  があるとき。

(3)マイホームに特定の改修工事をしたとき。

(4)災害や盗難などで資産に損害をうけたとき。

(5)特定支出控除の適用を受けるとき。

(6)多額の医療費を支出したとき。

(7)特定の寄附をしたとき。

 参考 国税庁HP

 

 - 所得税

  • 事務所案内

    〒336-0962 さいたま市緑区下野田950 CF浦和美園 1-917

    詳細はこちら