歯科医師9 決算書| さいたま市緑区の税理士・会計事務所なら

近藤要税理士事務所

歯科医師9 決算書

      2015/09/17

 こんにちは。さいたま市の税理士、近藤要です。

 今日は「決算書」について書きます。

 決算書は歯科医院の経営状況を把握する上で、重要な
書類です。決算書とは損益計算書と貸借対照表です。
 個人で歯科医院を経営されている先生は、毎年3月に
確定申告をします。この時に損益計算書と貸借対照表を
作成します。顧問税理士がいれば、その税理士が作成し、
説明しているはずです。
 歯科医院の先生は決算書を詳しく見て確認しています
か? 利益と税金が気になって、詳しく決算書を見ていな
い先生もいることでしょう? しかし、この決算書は非常
に重要な書類です。
 決算書は最終的な利益を計算するものですが、それだけ
ではありません。「利益が増えた」又は、「利益が減った」原
因もわかります。「利益が増えた」場合には、収入が増え
たのか、又は経費が減ったのか。
 収入が増えた場合には、社会保険診療と自由診療のどち
らが増えたのか。
 経費が減った場合には、固定費と変動費のどちらが減っ
たのか。 
 「利益が減った」場合も同じです。
 決算書をみれば、いろいろな事がわかります。是非、詳
しく見て確認して歯科医院の経営状況を把握して下さい。

 損益計算書と貸借対照表については、後日書きます。

 

 - 歯科医師

  • 事務所案内

    〒336-0962 さいたま市緑区下野田950 CF浦和美園 1-917

    詳細はこちら