歯科医師2  歯科医師の税金| さいたま市緑区の税理士・会計事務所なら

近藤要税理士事務所

歯科医師2  歯科医師の税金

      2015/09/17

 こんにちは。 さいたま市の税理士、近藤要です。
 今日は一段と暑いですね。 危険を感じ今日は外出しません。

 さて、今日は歯科医師の税金ということで、所得税の税率に
ついて書きます。

 平成27年分より、所得税の最高税率が40%から45%に上が
りました。この改正の影響を最も受ける職業のひとつが歯科医師で
しょう。
 最近、歯科医院は経営が大変と言われていますが、高額な所得税を
納めている歯科医師は大勢います。
 個人で歯科医院を経営されている歯科医師は、他の個人事業主と
同じく所得税が課税されます。
 所得税は所得が高くなればなるほど、税率も上がります。これを
超過累進税率といい、税率は5%~45%の7段階に区分されてい
ます。この最高税率が40から45%に上がったので、歯科医師等
高額納税者の負担はますます増えることになります。
 そのため、医療法人を設立して節税を考える歯科医師も多くいると
思います。医療法人は法人税が課税されます。法人税のほうが、所得
税より税率が低い場合が多いので節税効果があります。医療法人につ
いては後日書きたいと思います。

 歯科医院の先生で税金でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

平成27年分以降の所得税の速算表は以下のとおりです。(国税庁HPより)

課税される所得金額               税率         控除額
195万円以下                 5%          0円
195万円を超え、330万円以下       10%     97,500円 
330万円を超え、695万円以下       20%    427,500円
695万円を超え、900万円以下       23%    636,000円
900万円を超え、1,800万円以下     33%  1,536,000円
1,800万円を超え、4,000万円以下   40%  2,796,000円
4,000万円超               45%  4,796,000円 

 - 歯科医師

  • 事務所案内

    〒336-0962 さいたま市緑区下野田950 CF浦和美園 1-917

    詳細はこちら